2010年 10月 06日 ( 1 )
表に出ろいっ!/ガラスの葉/rufus wainwright
こんばんわ!気付けばもう十月!
暑すぎた夏が過ぎてくれてホッとしているけれど、
ホッとしつづけたらきっとまた、暑すぎる夏がくるね!笑



九月のことだけれど、今回は観に行けないだろうなぁ。。。って思っていた

noda•map番外公演 表に出ろいっ!

a0122885_1101115.jpg



初めて一人で当日券を並んだら観れたよ!!!笑
しかも前から二列目で、笑
と言っても、舞台を三角形に使っていて、正面ではなくて、
横からだったんだけどね。
とは言え二列だもんで、
野田秀樹さんの表情から目をはなさずに見つめていられて至福でしたぜ!!!

一つの家族のそれぞれが信じているもの。
一人一人が信じているものに鎖で繋がれていく様をみるようなお芝居でした。
(実際ホントに皆鎖で繋がれちゃったしね、笑)
まさかの ザ・キャラクター へリンクされたシーンなんかもあったりして。
日本そのものの風潮への皮肉だとか、
人間の弱い部分の核心をついたりする野田秀樹さんらしい
シャープなシャープなお芝居っていうのはいつも通りだったんだけど、
今までの作品と全然違っていたのは、
最後の最後まで「笑い」で終わらせたこと!
もちろん張りつめた空気になる瞬間は幾度もあったのだけれど
(それは本当に野田秀樹作品らしい
やり方で、一瞬前と一瞬後でこんなにも空気感が変わるだなんて!!!
ってその場にいることに驚いてしまうくらい一瞬で。)
お芝居全体を通した流れとして「笑い」が今までの作品よりも格段に多かったこと!

中村勘三郎さんも出演されていたからだとは思うんだけど、
来ている方々の年齢層の高いこと高いこと、笑
その日結構肌寒かったんだけど、
家を出て電車に乗るまでそれに気付かなかった僕は、
寒くて寒くて。。
で、今までなかったと思うんだけど、今回は物販で、
公演パンフレットの他に、noda•mapの手ぬぐいが売っていてね!
もう即購入して、寒かったから首に巻いて観劇してたんだけど、
何せ年齢層の高い方々だから皆さんきちんとした格好をされていらっしゃる方ばかりで。。。笑
これからは観劇の時の服装にも気を配ろうと思います。
(っていうか天気予報をちゃんとみよう!笑)

根底に流れているものは決して変わらなくて、
でも毎回信じられない新しい世界が広がっていて、
でもって役者としてもホントに信じられない演技ばかりされる
野田秀樹さんの世界がまた生で観れてホント嬉しかったとさ!



そしてこちらはつい先日

ガラスの葉

というお芝居を観劇してきました。
こちらは大大大大好きな 銀粉蝶さん の出演されているお芝居で。
久しぶりに世田谷パブリックシアターに行ってきました!
全く予備知識のないままに観劇に行ったのだけれど
(チラシをみてはいたけどね。)
とある一つの家族の物語でね。
細ーーーい糸が張りつめた状態で繋がっているかのような一つの家族のお話。
現実にもきっと、家族ってこんな風なのかもな、
ってハッとさせられる瞬間が多々転がっていました。
前述のnoda•mapとは違って、笑いは一切ないお話でした。
しかもお話としてもかなりシリアスなお話で。
でもやっぱり銀粉蝶さんが出てきて声を出された瞬間に
劇場の空気が確実に変わったので相当に感動したようー。

田中圭さんという若い役者さんのエネルギッシュな演技と、
銀粉蝶さんの自然なんだけど、そこにエネルギーが
これまた自然に上乗せされる演技がとっても心地よいお芝居でした。
毎回毎回思うのだけれど銀粉蝶さんは本当に声が素晴らしい。。。
あの声がきけるだけでもう涙ものだよ
涙ちょちょぎれもの!!!!

来月も銀粉蝶さんが出演されるお芝居があるみたいなので是非是非観に行きたいなあ!!!
しかも初の新国立劇場に行くチャンス!
劇場も色んなところに行ってみたいし、行けるといいなぁ!!!わい!


ほいでもってほいでもって

rufus wainwright の来日公演に行ってきたよ。。。。
これはもう。。。
感動感動の連続で、、、、
ピアノ一本であんなにあんなに、、、クーーーー!!!!!!!!!!!!!!
これは今日は書ききれないのでまた後日ちゃんと書こうと思います!

今日一つ書けることとしては、僕が世界で一番大好きな

beauty mark を生で聴けたことがもう!!!!!!!!!!!!!!!!!

帰り道思い出しながら聴きながら涙で道が滲んだぜ!笑
一緒に行った友達も言っていたけれど、道を滲ませながら僕も思ったよ。。
帰って欲しくないな、、ルーファス!!!





そして忘れないでね!ドキンちゃんは、オレンジ色だってこと!!!
[PR]
by matocotoshuco | 2010-10-06 01:10 | 日常:祐太